医療法人マックシール 巽病院

整形外科

本院整形外科の特色は救急外傷を主とした四肢外傷に対し最新の知識と技術で治療している事です。当科では出来る限り受傷後早期の手術と早期離床、リハビリに移行できる術式を選択し、術後の外固定(ギプスなど)の期間を殆ど失し良好な機能回復を得る事です(平成26年度総手術件数512件)。特に近年増加している老年期特有の骨折(大腿骨転子部・頚部骨折、上腕骨骨折、橈骨遠位端骨折など)には従来よりも強固に固定可能な最新の手術器械で対応し、殆ど外固定を要することなく手術翌日からの離床、機能回復訓練により早期の社会復帰を可能にしています。同様に若年~壮年期の外傷患者さんも術後翌日より離床し訓練が施行できるよう最新の知識、手術手技、器械を選択しています。
高齢化社会が進み高度に脆弱した骨の外傷に対する手術、一方で交通事故、労災事故などで生じる高エネルギーの受傷機転による外傷に対し最良の治療法の選択を出来るよう日々研鑽し、一方では変形性関節症など慢性疾患に対する人工関節手術やスポーツ外傷に対する治療も専門医が行っています。
また、手術治療ばかりでなく関節リウマチ、骨粗鬆症などの慢性疾患の保存的治療に対しても専門医が外来できめ細やかに対応しています。

診療時間
9:00~ 中村
中尾
千原 大野 中村
上島
藤原
中尾
土屋
第1,3,5 大野
第2,4 曲直部
16:30~ 中尾 第1,3,5 千原
第2,4 巽
大野 上島
受付時間:
午前診 8:00~11:30
午後診 16:00~18:00



手の外科外来

手はモノを摘まむ握る、触れてわかるなど非常に複雑な機能と構造を有しています。よって手の怪我や疾患が生じれば驚くほど日常生活に影響を及ぼします。本院ではこれら手の疾患に対し手の専門医が診察し必要であれば手術治療を行い、手専門のセラピストと協力し可及的早期に日常生活へ復帰できる手の機能回復を目指した治療を行うよう心がけています。

担当医 中村誠也

リウマチ外来

関節リウマチは、全身の関節に炎症を起こし、進行すると痛みと腫れのために日常の生活が制限されてしまう病気です。まだまだ原因は解明されていませんが、反面、近年さまざまな薬が開発され治療に関しては飛躍的に進歩してきました。当院では早期診断の上、薬物による治療とともに外科的治療もおこなっております。関節痛で悩んでおられる方はいつでも相談してください。

担当医 中尾浩志

膝/スポーツ外来

「スポーツ」による膝・肩・肘関節等の「外傷」「障害」の治療を行います。
「変形性膝関節症」による膝関節の治療を行ないます。


「スポーツ外傷」

スポーツで生じた急性外傷
転んだり、捻ったり、打ったりといわゆる「けが」です。
各種靭帯損傷、膝半月板損傷、捻挫、打撲、骨折、脱臼、アキレス腱断裂、肉離れなど。


「スポーツ障害」

スポーツで生じた慢性的な機能障害・疼痛
同じ動作を繰り返して身体の一部分に何度も力がかかる、つまり「使いすぎ」によって起こる障害です。 反復性肩関節脱臼、亜脱臼、腱板損傷、野球肘、野球肩、テニス肘、ジャンパー膝、腰痛、腱鞘炎など。


「変形性膝関節症」

加齢と共に膝の軟骨の磨耗が進行し、発症します。
立ち座り動作や歩行時に疼痛を認めます。投薬、注射、装具、リハビリによる治療を十分に行ない、これからの治療に適する場合、人口膝関節などの手術を行います。

担当医 大野博史


ページの先頭へ