医療法人マックシール 巽病院

外科

内視鏡手術は、おなかを大きく切らず、小さな内視鏡と細い器具を使って、がんなどの病変部を切り取ったり縫い合わせたりして治療します。当院の外科の特色は、小さなきずの内視鏡手術を専門に行っております。従来の内視鏡手術よりもさらにきずを小さくしたり、少なくすることで、からだへの負担を減らすことができます。からだにやさしい手術を行うことで、手術の痛みも軽くなり、早期退院や早期の社会復帰につながります。また美容面においても非常にすぐれております。当院では最新の内視鏡器具や手術方法を導入し、専門医による安全で高度な内視鏡手術を受けて頂くことができます。対象疾患は、胃がんや大腸がんのほか、消化管粘膜下腫瘍、胆石症、消化管穿孔、虫垂炎など腹部の病気を幅広くカバーしています。また、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)はヘルニアセンターを開設し力を入れております。ぜひ、気軽にご相談下さい

外科・内視鏡外科部長 中木 正文

診療時間
9:00~ [~10時]中木/
[10時~]戸田
中木 中木 中木 中木 中木
16:30~ 蓑原 中木 中木 中木

巽病院外科常勤医

外科・内視鏡外科部長 兼 ヘルニアセンター長
中木 正文 医師
2005年 秋田大学医学部卒業
職歴
仙北組合総合病院 初期研修医
聖路加国際病院 外科後期研修医
亀田総合病院 消化器外科
メディカルトピア草加病院 内視鏡外科
学会資格等
日本外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医

ページの先頭へ