ホーム|医療安全管理指針

医療安全管理指針


リスクマネジメントの考え方

医療・法的・財務的観点からリスクの把握・評価を行うことにより、リスク回避・軽減を目的に検討します。
あくまで、個人の問題として捉えるのではなく、情報の共有化を図ることによって
組織全体のシステムとして構築します。

安全管理のための指針

医薬品、医療機器に安全管理責任者を各々選任し、その安全使用、管理体制の確立に努めます。
また、院内感染防止委員会を設置し、院内感染の防止対策を行い推進します。

組織的取り組み

医療事故を防止することが、医療の質を保証することに通じるという観点から
職員全員が"Safety Management"について認識を深めるよう組織全体で取り組みます。

情報共有と対策

"The Report"は、事故発生の要因等について振り返り、今後の業務に生かす財産であるという認識を
深めることによってその提出の活性化を図ります。得られた情報は分析し、対応策を検討するとともに
必要に応じ情報公開を行い職員全員が共有します。

要因分析方法

The Reportの要因分析に於いて、「人間はミスを犯す」ということを前提に、
報伝達方法・本人・他部署に関連した問題等さまざまな側面から見直しを行い、
本質的改善策を見出します。

事故発生時の対応

医療安全管理者は各部門管理者を協働し、主治医・院長などと事故原因を
究明するとともに組織として対応します

職員研修

年2回の医療安全学習会において、情報共有した上で発生機序について学び、
安全に対する知識を高めます


予防医学・医療・介護・福祉、トータルに地域の健康を支えます。


内科、リハビリテーション科、放射線科。より快適な療養生活を支援します。

 

訪問リハビリ等各種介護・デイサービスを通じ地域に笑顔を増やしていきます。


一定期間入所し、生活に即した介護やリハビリを受けていただく施設です。

採用情報
シャトルバス