ホームマックシールケアマップ|巽今宮病院 療養病棟

マックシールケアマップ


巽今宮病院 療養病棟のご案内

巽今宮病院における療養病棟について

巽今宮病院は医療法人マックシールにおいて慢性期医療を担う病院であり、3階の「療養病床」では、急性期の治療や諸検査を終えられた患者様を対象とし、医学的管理の下で療養をしていただいております。


急性期治療が終了し、病状が落ち着いている方で、自宅に戻られる在宅に戻られるまでの準備期間や他病院・他施設等に入所されるまでの期間に入院していただき、病状の安定を目指し、退院準備を行います。


当病棟は入院時に、今後どのような方向で進めていくかご本人・ご家族の意向を伺い、その実現に向けて主治医や看護師、医療ソーシャルワーカー等の職員が支援させていただきます。


※療養病床では、国の基準に基づき医師の判断により必要な範囲でリハビリテーションを行っております。(全患者様が対象とは限りません)


入院対象となる方

  • 急性期治療の必要のない方。
  • 気管切開、吸引等の医療処置が必要で、介護保険施設での対応が困難な方。
  • 褥瘡(じょくそう)の処置が継続的に必要な方 など


入院期間について

病状、入院目的によってお一人お一人異なります。
入院後に主治医より説明させていただきます。
入院期間は2週間から最長6ヶ月となっております。
(長期間の入院はしていただいておりませんのでご了承ください)


療養病棟担当職員のご案内

医師 内科担当の医師が主治医をさせていただきます。
看護職 日常の療養生活を看護・介護面で支援させていただきます。
医療福祉相談員
(医療ソーシャルワーカー)
保健・福祉・介護保険制度を活用し、社会復帰に向けての支援をいたします。
薬剤師、管理栄養士 必要に応じて相談に応じます。


患者様から見た療養病棟での流れ

採用情報
シャトルバス