ホームマックシールケアマップ|巽今宮病院 回復期リハビリテーション病棟

マックシールケアマップ


巽今宮病院 回復期リハビリテーション病棟のご案内

巽今宮病院におけるリハビリテーション医療と回復期リハビリテーション病棟について

巽今宮病院は医療法人マックシールにおいて慢性期医療を担う病院で、2階の「回復期リハビリテーション病棟」では、集中的にリハビリを行い、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー等の専門職が在宅復帰に向けて支援させていただきます。


入院中の患者様におきましては、1人ひとりの病状や日常生活動作(ADL)に応じた「リハビリテーション計画書」を作成し、ご本人・ご家族等とカンファレンスを必要に応じて行い、ともに話し合いつつ、退院に向けて準備を進めていきます。


自宅に退院される患者様については、地域の開業医の先生やケアマネジャーと連携をとりながら、退院前にご自宅に試験外出・外泊等を行ったり、住宅改修や在宅サービスの利用についてチームで支援させていただきます。


それが「回復期リハビリテーション病棟」におけるチーム医療です。



回復期リハビリテーション病棟の目的
(平成12年4月厚生省診療報酬改訂基準参照)

回復期リハビリテーション病棟とは・・・・
脳血管疾患又は大腿骨頚部骨折、脊髄損傷等の患者様に対してADL能力の向上による寝たきり防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が共同で作成し、これを基づくリハビリテーションを集中的に行う病棟です。



入院対象となる方

  • 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症2ヶ月以内
  • 大腿骨、骨盤等の骨折の発症後2ヶ月以内
  • 外科手術、肺炎等の治療による廃用症候群発症後2ヶ月以内
  • 大腿骨、骨盤、股関節、膝関節等の神経、筋肉、靭帯損傷後1ヶ月以内


入院期間について

入院期間は個人の病状によって異なりますので、主治医(担当医)が説明させていただきます。


回復期リハビリテーション病棟担当職員のご案内

医師 リハビリテーション担当の医師が主治医をさせていただきます。

リハビリテーションスタッフ
理学療法士 起き上がる、座る、立つ、歩くなどの練習を通して、機能訓練へのお手伝いをいたします。
作業療法士 ご家庭に帰られるために必要な身の回り動作の練習やお手伝いを集中的に致します。また創作やレクリエーションを通して機能回復の支援をいたします。
言語聴覚士 言語療法・摂食嚥下訓練の必要な方には言語聴覚の訓練を行います。

看護職 回復期(急性期の医療がほぼ終了の時期)に訓練が開始されます。
日常生活のほとんどに看護・介護の手が必要です。
当病棟におきましては、看護師が日常生活自立への支援を行います。
医療福祉相談員
(医療ソーシャルワーカー)
保健・福祉・介護保険制度を活用し、社会復帰に向けての支援をいたします。
薬剤師、管理栄養士 必要に応じて相談に応じます。


患者様から見た「回復期リハビリテーション病棟」での流れ


採用情報
シャトルバス