令和元年度 医療法人マックシール巽病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 7 34 40 44 98 141 173 329 447 186
当院は地域に密着した救急医療、急性期医療に取り組んでおり、特に高齢の内科、外科、整形外科、循環器疾患の方の受け入れは積極的にしており、循環器疾患については、24時間の緊急検査、手術を整えております。結果、ご高齢の緊急入院患者様が多く年齢別では60歳以上の方の割合が全体の75%、70歳以上の方の割合が64%となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 3.30 4.40 0.00 71.37
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 2.23 3.01 0.00 68.80
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 21.28 20.84 25.00 87.23
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 34 2.56 2.63 0.00 66.12
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 17.82 17.71 5.88 87.06
内科では、3~4週間の入院期間の肺炎で入院されるご高齢の方、内視鏡での大腸ポリープ切除手術で入院される方が多く、また心臓カテーテル検査、手術で入院される循環器内科疾患の方が多く入院されております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 56 3.04 4.85 0.00 66.45
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 20 6.00 6.37 0.00 67.20
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 17 4.47 5.45 0.00 36.59
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 16 3.31 5.72 0.00 64.81
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 10.20 9.79 6.67 81.27
外科では、虫垂炎、胆嚢炎、鼠径ヘルニアなど内視鏡外科手術対応の患者を多く受け入れており、また胃癌、大腸癌など消化器癌の内視鏡外科手術対応の患者も積極的に受け入れております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 122 21.70 25.94 67.21 84.25
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 67 12.16 19.40 62.69 82.40
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 43 4.19 5.54 0.00 44.88
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 副傷病なし 19 30.37 15.59 5.26 54.47
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 副傷病なし 18 4.44 5.94 5.56 41.00
整形外科では、救急外傷による四肢外傷疾患を中心に幅広い疾患の患者を受け入れております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
主に胃癌、大腸癌など消化器癌の内視鏡外科手術に積極的に取り組んでおります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 8.33 36.33
中等症 41 14.68 80.85
重症 - 12.00 89.00
超重症 - 25.00 92.00
不明 - - -
当院では、軽症、重症、超重症での市中肺炎の入院は少なく、2週間~3週間の中等症で入院されるご高齢の方が多いです。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - 87.40 84.00 66.67
その他 - 1.00 72.00 16.67
当院は、脳血管外科がない為、超急性期の脳梗塞の患者には脳血管外科のある病院に転院して頂いております。主に内科的加療で対応できる患者が入院されております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 35 1.86 2.69 0.00 71.03
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 33 0.36 1.64 0.00 66.15
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 19 0.21 2.00 0.00 72.26
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 15 3.67 11.13 80.00 79.27
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 9 0.89 9.78 0.00 81.00
内科では、循環器内科での心筋梗塞、狭心症の方に対する心臓カテーテルを使った血管内へのステント(血管を拡張することができる網目状の小さな金属製の筒)を留置する手術を多くしており、次に消化器内科の内視鏡手術での大腸ポリープ切除、胃瘻造設、胆道ステント留置などの手術を多くしております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 55 0.04 2.00 0.00 66.31
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 29 1.31 8.66 3.45 69.97
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 17 0.29 3.18 0.00 36.59
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - 9.88 16.13 0.00 73.88
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) - 0.38 2.88 0.00 56.13
腹腔鏡下手術による鼠径ヘルニア手術、胆嚢摘出術、虫垂切除術など、現在消化器外科領域で保険収載となっているすべての腹腔鏡下手術を実施しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 85 1.79 18.02 55.29 79.13
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 60 0.95 12.80 8.33 57.95
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 57 3.07 18.40 61.40 84.32
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 28 0.18 2.07 0.00 47.00
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 18 1.94 8.56 16.67 56.50
整形外科では、四肢外傷に関する手術を主に変形性膝関節症に対する人工膝関節、スポーツ外傷に対する再建手術等を行っています。特に四肢外傷に対してはできる限り受傷後早期の手術と早期離床を目指し、年間約500例の手術を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.67
異なる - -
当院では、播種性血管内凝固症候群(DIC)で入院された方は2例、敗血症(感染症で全身に高度炎症を起こしている疾病)で1例、その他の真菌感染症で3例、手術・処置等の合併症については、年間10症例となっています。
更新履歴