医療法人マックシール 巽今宮病院

新着情報

巽病院にて BLS / ACLS 院内講習会 を実施しました。

2015.11.28


 当院では現在、医師、看護師、他の医療職員が救急救命の技術向上を目的として、アメリカ

心臓協会(AHA)が認定する講習を受け、救命処置技術の質の向上に取り組んでいます。

 その一環として、平成27年11月22日(日)・23日(月)の二日間、巽病院にて BLS / ACLS

院内講習会を実施しました。本年の春に取り組みを始めて以来、BLS は4回目、ACLS は2回目の

開催です。

 

 

 

 BLS は Basic Life Support の略で、一次救命処置であり、ACLS は Advanced Cardiovascular

Life Support の略で、次の段階の二次救命処置です。

 BLS で行なわれる処置は、人工呼吸、心臓マッサージ、AED による心肺蘇生法です。ACLS は

カウンターショック、気管挿管、薬剤投与を用いた高度な心肺蘇生法です。

 今回の開催をもって、当院では現在、AHA 認定の BLS 取得者が97名、ACLS 取得者が25名と

なっています。(平成27年11月末現在)

 

 

 

 BLSは成人、小児、乳児を模した人形を使用し、実際に即した講習が行なわれます。

 

  

 

 ACLSはカウンターショック、気管挿管、薬剤投与等を行なえる特殊な人形を用いてより高度な

心肺蘇生の講習が行なわれます。

 

  

 

 今回、巽病院長をはじめ、田中副院長、蓑原副院長も参加し、参加者全員がBLS / ACLS の

認定を取得しました。当院は今後もこの取り組みを継続し、急性期病院として地域医療に

貢献できる体制作りを進めて参ります。

 

建物案内・院内ギャラリー
巽病院採用情報
シャトルバス