医療法人マックシール 巽病院

ヘルニアセンター
ヘルニアセンター長あいさつ

当院ではヘルニアセンターを設置しております。鼠経(そけい)ヘルニアに対して腹腔鏡手術による最新の手術方法を導入することで、安全でからだにやさしい治療を患者様に提供すること、より早く患者様が社会復帰できるようにサポートしていくことを目的としております。また、より小さなきずの腹腔鏡手術を受けて頂けることで、一人でも多くの患者様に幸せが届ければと考えております。ヘルニアの症状でお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。
ヘルニアセンター長 中木

鼠径(そけい)ヘルニアについて
太ももの付け根を鼠径部と呼びます。鼠径ヘルニアは太ももの付け根から内臓(主に小腸)が脱出してくる病気で一般的には脱腸と呼ばれています。

ヘルニアセンター

症状

最初は立った時やお腹に力を入れた時だけふくらみ、手で押さえると戻りますが、次第に戻りにくくなり、腸がはまり込んで戻らなくなった場合は、痛みや嘔吐などの症状がでます。これをヘルニア嵌頓(かんとん)といい、緊急手術が必要になります。

治療

手術が唯一の治療法であり、筋膜の弱った部分にメッシュを張って補強します。

手術

手術は大きく分けて2つの方法があります。一つは前方切開法といって、鼠径部を5㎝程度切開しヘルニアを修復します。もう一つは腹腔鏡手術(TAPP法)で、鼠径部を切開せず、おなかに3か所小さな孔をあけ、ヘルニアを修復します。腹腔鏡手術の方が、よりからだにやさしい手術であり、きずが小さく、痛みも少なく、再発率も少ないため、手術数は年々増加しております。

当院のからだにやさしい最新の腹腔鏡手術(TAPP法)

当院では最新の腹腔鏡手術を積極的に行っております。当院での特徴は、2mmの極最小の器具を使用することで、一般的に行う腹腔鏡手術よりも、さらに小さなきずでの手術が可能となります。きずを極限まで小さくすることで、痛みもより和らぎ、より早期の社会復帰へとつながります。また手術後のきずはほとんど残りません。きずをより小さくすることで、様々な工夫が必要となり、熟練した外科医のみが手術可能となります。当院では日本内視鏡外科技術認定医の資格を持った専門医が手術を担当することで、より安心・安全で高度な内視鏡手術を受けて頂くことができます。

入院・治療の流れ

初診:ヘルニア外来(担当医師:中木)を受診して頂きます。その日のうちに術前検査、手術日程の相談、入院説明などをさせて頂きます。
入院・手術:手術前日に入院して頂き、手術後1~2日で退院できます。
標準的には2泊3日の入院期間です。費用は3割負担でお部屋代などの入院費用もすべて含めて15万円程度です。また高額療養制度が適応可能で、手続きをすることで、後で差額分が返金されます。

 

建物案内・院内ギャラリー
巽病院採用情報
シャトルバス